ごあいさつ

Kapika Bandara

◆本場のスリランカ料理を知っていただくために・・・

皆様始めまして。 タップロボーンオーナーのゴダクンブラ カピラバンダラです。 スリランカ産宝石の販売を手掛けていた折、お客様、友人や周りの方々に、「スリランカ料理とは?」とか、「インドカレーとの違いは?」などと聞かれることが 多かったため、東京で本場のスリランカ料理をお店を出すことを決意し、2011年 青山に一号店を開店。 さらに2016年、みなさまからの待望の二号店を門前仲町に出店できることができました。 これからも頑張りますのでどうぞ宜しくお願いします。

◆ベ―スはスリランカの実家の母の味

タップロボーンの全て料理に使うスパイスは、スリランカの実家の母が材料から選び、独自にブレンドしして三週間に一回のペースで日本に直輸入しているものです。だからスパイスはいつも新鮮。タップロボーン自慢の香り高いスパイスをお客様に味わって頂くことができます。 ことスパイスにかけては、日本では右に出るものはいないと思っています。
料理のメニューも、私が考案して美味しいと思ったそのままを皆様にご提供しております。 本場のスリランカ料理を味わいにぜひタップロボーンにお越しください。 メニューにないスリランカ料理も、ご希望をいただけばご用意いたします。

[Owner] Kapila Bandara (カピラ バンダラ)
 日本在住20年以上現日本国籍。スリランカ人と結婚し、子供3人に恵まれ、日本の辛い冬をスリランカのスパイスで乗り越え、その経験をお世話になった日本人の皆さまに恩返しとしてスリランカ料理そのものを味を変えず届けたいという強い想いからはじめたスリランカ料理店です。 「タップロボーン」とは、セイロン(現スリランカ)の前の国名です。
 本当のスリランカを体験していただくための旅行会社も運営しております。ぜひ皆さまのご用命をお待ちしております。



◆J-WAVEラジオ出演


2014.6.13



◆スリランカのご紹介